August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

イニシアティック・ジャーニーⓇショートジャーニー糸魚川《第5光線 翡翠の大神殿》

2018年7月14日(土)〜16日(月) 新潟県糸魚川市で「イニシアティック・ジャーニーⓇショートジャーニー」を開催しました。

 

連日の酷暑の中でしたが「暑いね」という言葉を交わしながらも、計画していたところを訪れることができました。

 

テロスのアダマと第5光線のアセンデッド・マスターを中心としたチャネリングメッセージも受け取り、一人ひとりに合ったショートジャーニーとなったと思います。

 

糸魚川は、翡翠(ひすい Jade)の産地として縄文時代からよく知られた土地です。(現代の私たちが知ったのは、日本各地の縄文遺跡からの翡翠の出土品によるところも大きいです) 奴奈川姫(ぬなかわひめ・沼河比売)という「古事記」にも登場する女性の伝説もあり、おそらく卑弥呼のような呪術師的な女性が統治する土地だったのではないか、と言われています。(参考図書「奴奈川姫とヒスイ文化」土田孝雄著・奴奈川姫の郷をつくる会刊)

 

私個人は、2度目の糸魚川でしたが、来年再び、この地を訪れたいとも思っています。

 

今回のショートジャーニーは、テロスの翡翠の大神殿とのつながりを強固にして、私たちが毎夜訪れる神殿での癒しのプロセスを促すことと、私たちのあらゆる面での癒しを促進することでした。大小さまざまな翡翠と出合い、翡翠が産出する土地にも行きました。(ここでの翡翠は天然記念物として保護されていますので、持ち帰ることはできません)

 

この一帯は、北米プレートとユーラシアプレートの境界が、地上に現れている珍しい光景も見ることができます。人工的に露出させたところは、もう少しでリニューアル工事が終わるそうです。以前私が訪れたのは、自然に露出しているところだったと思いますが、定かではありません。次回行ったときには、その点をクリアにしてきたいとも思っています。

 

今回は、アセンション・セレモニーを自然の中で行い、短いながら充実したイニシアティック・ジャーニーⓇとなりました。

 

来年は、Light in LightⓇ(Telos JapanⓇの針生千秋・主宰)のアセンション・リトリートⓇを、この糸魚川で行う予定です。

 

イニシアティック・ジャーニーⓇは、テロスの存在との絆を強め、テロスの神殿を体験するために、またアセンションの準備としてのアセンション・セレモニーを経て、七つの聖なる炎のエネルギーとテロスの家族との愛を日常生活に持ち帰るための旅です。そして、そのエネルギーを日常生活に統合し、生活、人生、自己の在り方のあらゆる面の波動を上げ、より霊的進化を加速させていきます。

 

アセンション・リトリートⓇは、アセンデッド・マスターの愛とエネルギーに包まれながら、個人のアセンションの準備を促進し、アセンションの光の柱を訪れた土地にアンカー(定着)させるための、ライトワーカーとしての活動でもあります。今回、糸魚川を訪れて、この土地が、アセンションの光を求めている、と受け止めましたので、来年はアセンション・リトリートⓇとして、この地を訪れることにしました。

 

Telos JapanⓇのイニシアティック・ジャーニーⓇショートジャーニー、次回は、2018年11月上旬開催の「久慈」(岩手県)です。この地で産出する琥珀(こはく Amber)とともに、その黄金の輝きを通じて、第6光線 復活の炎の神殿への訪問を体験し、個人レベルでの霊性の復活と、アセンションへの道のりに光をもたらし、私たちの日本に復活の炎を広げるためのショートジャーニーとなります。テロスのアダマとオレリア、アナマ、そして第6光線のチョハン ロード・サナンダ&レディ・ナダが、私たちをエーテルレベルで5次元に迎え入れます。

 

次回は、イニシアティック・ジャーニーⓇショートジャーニー久慈にあわせて、その前後のスケジュールで、Light in LightⓇのアセンション・リトリートⓇ久慈、Telos JapanⓇの波動を上げるワークショップ 聖なる炎編(仙台)も予定しています。

 

針生千秋(Telos JapanⓇ)

pagetop