August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

第3光線 マハ・チョハン ヴェネツィア派パオロ 〜 ヴェロネーゼ《美しきナーニ》

第3光線 宇宙の愛 ローズピンクの炎のマハ・チョハン ヴェネツィア派パオロ(Paul the Venetian)の地上での最後の転生は、ルネッサンス期の高名な画家でした。(詳細は「新しいレムリア」「The Seven Sacred Flames」で)

 

フランス南部 プロヴァンスのローヌ川沿いが、彼のリトリートのあるところ、ということで2013年にイニシアティック・ジャーニーⓇで訪れました。素敵なご縁もあり、数カ所をめぐり、一番ここがリンクしているかも、という場所でエネルギーを感じ、しかしながら、この一帯が、この地域にリンクする5次元に彼のリトリートはある、という実感を得て帰って来ました。その後、フランスの治安が不安定になり、イニシアティック・ジャーニーⓇを停止していましたが、来年から、できたら再開したいと考えています。何度訪れても(個人的にはまだ2回)、その辺りはきっと、この美しく優雅な炎のエネルギーを感じることができるところだろうと思います。この土地の写真は、2014年のカレンダーでご紹介しています。

 

パオロ・ヴェロネーゼの絵は、世界中に点在し、さまざまな大都市で見ることができます。パリ、ニューヨーク、マドリード、フィレンツェ、ヴェルサイユ...etc. 日本に来ることも、今回が初めてではありません。私自身が意識するようになったのは、2007年以降ですが、2年前も、絵が来日し、このブログでご紹介しました。その時の絵は、戦い関連のものでしたが、今回は、誰もがうっとりとする美しい絵ですので、ぜひ多くの人にご覧いただきたいと思います。

 

ルーブル美術館展》美しいナーニ

東京 国立新美術館 9月3日まで

大阪 大阪市立美術館 9月12日〜2019年1月14日

 

パリのルーブル美術館には、ヴェロネーゼの絵が多く展示されています。一番有名なのは、私が観た当時、ダ・ヴィンチのモナリザと向き合うように展示されていた「カナの婚礼」イエスが奇跡を起こした結婚の宴の場面です。ヴェロネーゼの絵からは、包み込むような愛があふれ出ているように感じます。日本でも、その愛を感じられる、とても貴重な機会だと思います。ぜひ足を運んでみてください。

 

by 針生千秋(Telos JapanⓇ)

pagetop