December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

マウント・シャスタとTelos

何年前でしょうか、2016年頃? 

「マウント・シャスタには、もうTelosの存在はいない」という話を聞きました。

このことに関して、少し書いてみたいと思っていました。

 

現在の私の認識で書きます。将来変わるかもしれません。これを読む皆さんが、あなた自身の認識で、このことを取り扱えるように、その参考程度に読み進めてみてください。

 

私の認識では、地上の2010年代、Telosのコミュニティーと存在たち、もちろんアダマをはじめ、レムリアン高等評議会のメンバー、テロス市民、Telosの子どもたちも、すべてが次の次元への移行中である、と捉えていました。特に2016年、17年はそれが顕著に感じられる状況でした。

 

そして、その次元移行のめどがたったのが、昨年2018年、おそらく後半だったと思います。

「Telosの次元移行は、ある程度のめどがたったので、これからその新しい次元、以前よりも波動の上昇した世界から、地上の皆さんの文明と個人的なアセンションをサポートします。今その体制が整ったことをお知らせします」といったアダマからのメッセージを受け取りました。それと同時に「私たちの側は、準備を整えました。ですので、次は皆さんの番です。用意はいいですか?」ということも伝えられました。

 

そのメッセージに合わせて、Telos Japan®も体制を整え、Telosと地上の人々との内的ワークが飛躍的に進むように、スタンバイしました。

 

オレリアが2000年代初め(おそらく2002年ごろ)に著したTelosブックシリーズでは、Telosの存在たちは5次元世界に移行したことが書かれていて、本を読めば文字ではその通りの情報として受け取ることになりますが、Telosの本は、常にエネルギーがアップデートされ、しっかりとした内的ワークのもと、本を読むと、Telosの現段階(例えばこれを書いている時点の2019年9月)の状況をエネルギーとして受け取ることができます。

 

私の認識では、Telosは今、5次元から7次元への次元移行中で、その移行の要素や成否(否となることはあり得ないのですが)に、地上の私たちのスピリチュアルなプロセスの進捗状況なども加味されるようです。つまり、私たちが自身のスピリチュアルな進化を、それぞれの計画通りに進めることができれば、私たちをサポートしているTelosの次元上昇を後押しすることになるわけです。これがスピリチュアルな管理機構における相互の関連性であり、ハートの領域からとらえれば、お互いの愛と思いやり、協調、協働の世界ということになります。

 

また、Telosの現在位置というのも、それを把握しようとしている私たちそれぞれの進化波動段階によって、受け取り方はまちまちと考えてもいいかもしれません。そして、これこそが重要だという事柄は、Telosのコミュニティー、アダマたちをはじめとする存在たちの側では、様々な波動レベルを同時に保持しているため、サポートする対象に合わせて、いかようにも、サポート波動を選択できる点です。もちろんあまりにもアダマとかけ離れた存在(人間)をサポートする場合は、彼のチームメンバーがその任に当たりますし、サポートする対象に合わせて、ほかの存在たち(アセンデッド・マスター、天使、星の兄弟姉妹)との連携も完璧に行えるようになっています。

 

このような認識から、私個人は「マウント・シャスタには、Telosのコミュニティーがすでに存在しない」という認識ではなく、Telosコミュニティー並びに、アダマをはじめTelosの存在たちの役割が拡大し、マウント・シャスタに限らず、地球上の人々を支援するためなら、どこであっても可能、以前もそれは可能でしたが、これからはさらに強力にそれが可能になった、と捉えています。ある種、世界中がマウント・シャスタになった、と捉えてもいいような現象かもしれません。

 

私の認識では、Telosのコミュニティーと存在たちの現在地は、5次元から7次元にかけてであり、以前以上に7次元レベルでのサポートが容易になった、と捉えています。アダマはすでに7次元のマスターとなりつつあり、彼の行えることは、格段に拡大し、この銀河の大使としての役割もより充実し、より重要性を備えている、と見ています。また、Telosのレムリアン高等評議会のメンバーも一新し、本で紹介されているセレスティアやガラティア、トーマスやハイラム、アンジェリーナもみな、今はさらに上位の役割に着き、さらに高次の使命へとシフトしていると捉えています。

 

Telosの存在たちの愛と支援は無限であり、私たちが望めば、彼らはいつでも私たちの支援に駆けつける用意ができています。あとは私たちの準備だけです。

 

愛と思いやりの波動の中での進化を意図し、信じる心を強化し、信頼とたゆまない努力を惜しまない態度を身に着け、彼らのほうへ手を伸ばしましょう。私たちの進化が、私たち自身だけではなく、この地球とここに住むあらゆる生命と、この宇宙を組織するあらゆる面での機能に貢献することを信頼して。そして私たちの愛するTelosと、そこで私たちに手を差し伸べてくれているアダマや光の存在たちの道のりにも大きく貢献することを知っていてください。

 

記事・針生千秋(Telos Japan®)

マウント・シャスタ便り 2011.06

日本は梅雨の季節ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今年は例年以上に春の訪れが遅く、一度春になったかと思うと、またすぐ冬に逆戻り、といったところに来ました。驚くほど浄化のエネルギーが強く、マウント・シャスタの雪のパワーを見せつけられましたね。(山はやっぱり冬!)
マウント・シャスタ 2011.06.09

そんなマウント・シャスタも、6月7日くらいから、町では暖かくなりました。お花も咲いていて、ダグウッド(ハナミズキ)やライラック、バターカップなど、お花の癒しを受け取るいい機会になりました。
ダグウッド/マウント・シャスタにて


ライラック/マウント・シャスタにて

スターチューリップやシャスタ・リリーなど、マウント・シャスタならではのお花にはまだ早く、今年はちょっと残念ですが、また来年にでも。

皆さんの周りも、新たなエネルギーと共に、より進化した世界へと羽ばたくことに祈りを込めて!

愛と慈しみをこめて

針生千秋(はりうちあき)
Telos Japan

1
pagetop