June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【聖なる炎】 第四光線 浄化とアセンションの炎

第四光線 アセンションの炎は純白の浄化と純粋さをもたらす光です。それは、私たちのスピリチュアルな道のりだけでなく、日常生活においても、大いに助けとなるものです。

 

第四光線のチョハン(コハン)ロード・セラピス・ベイは、ルクソールの神殿で、アセンションの神殿で、アセンションの扉の前に人々が向かうのを見守ります。長い階段を上り、黄金と純白のローブを着たアセンション神殿の守護者たちに迎え入れられるために、彼ら/彼女らは、そのスピリチュアルな道のりを歩きます。

 

テロスの本にもこの様子が記されていますが、私が一番印象に残っているのは、ロード・セラピス・ベイの言葉です。そのようにアセンションの階段を上る人々の中には、今来たその階段を引き返す人々もおり、その後ろ姿を見ることが、何よりもつらい、というようなことを述べられています。彼らはアセンデッド・マスターですから、人間と同じような悲しみ、無念さなどを感じるわけではないと思いますが、それでも、私たちのアセンションのプロセスを一時たりとも目をそらすことなく、私たちの神聖なる自己と同じ視点で慈しみ、導いてくれている存在として、言葉にできないほどの「思い」を持つのかもしれません。

 

アセンションする人生を生きる者として、ロード・セラピス・ベイが語ったこの状況は、最も心に残るものでした。彼らが私たちに与え、引き上げてくれることがある一方で、その「現実」を突きつけられるのは、つらいものを感じさせます。アセンションのプロセスを歩む人々の同胞としても、またアセンデッド・マスターから絶え間なく援助を受けている者としても、これほどつらいものはありません。

 

(参考書籍)
「新しいレムリア」「Telos Vol.3」「The Seven Sacred Flames」「Prayers to the Seven Sacred Flames」
by オレリア・ルイーズ・ジョーンズ

こちらから購入できます。

(サポートワーク)
「聖なる炎の瞑想会」
詳細は
こちらです。

(サポートCD)
「The Seven Sacred Flames」(英語ガイド瞑想)
「The Seven Sacred Flames」(音楽)
「TELOS - Seven Sacred Flames Temple Journey Meditations」(英語ガイド瞑想)

こちらから購入できます。

【記事】
針生千秋 
Telos JapanⓇ

【聖なる炎】 第六光線 復活の炎

第六光線 復活の炎は、オレンジの光線です。またパープルやゴールドも含まれます。夏の夕陽の色、と言われることもあります。個人的には、マンゴージュースを飲むときに、よくこの光線のことを思い出します。

 

復活の炎のチョハン(コハン)は、ロード・サナンダ&レディ・ナダです。地上では、イエス&マグダラのマリアとして知られた存在です。彼らの地上での最後の生こそが、まさにこの復活の炎を体現するものとして理解を助けてくれるでしょう。

 

七つの聖なる炎には、第五光線やそのほかの光線にも、癒しを助けてくれる光線があります。第六光線もその一つです。どんな物事であっても、肉体や精神、感情面、癒しを必要とするあらゆる事柄に、この光線は、原初の神なる波動をよみがえらせることを助けます。ここでも個人的なことになりますが、食事の際に、この光線で食品を包んだり、湯船につかったときに、お湯にこの光線を注入したり、と日常的にも密接な関係を築いています。

 

エネルギーを引き上げ、若々しさと活力をよみがえらせてくれる、そういった働きもしてくれます。スピリチュアルなワークを続けて行くと、内的な問題の多くに、新しいエネルギーが必要であると感じたり、自己の本質的な神なるものを復活させる必要を感じたり、ということが多くあります。この光線は、そうしたときに、大いなる援助を私たちに与えてくれます。

 

私たちが、スピリチュアルな進化の道のりでも、真の自己を思い出す旅であっても、また日常の細かなことであっても、「復活」というキーワードが必要な時には、いつでもこの光線を呼び出してください。皆さんのエネルギーを引き上げ、皆さんにとって必ずや必要なものを与えてくれることでしょう。

 

この光線については、「新しいレムリア」に詳しく説明されていますが、テロスのヒーリングや浄化の場面によく言及される「電子」の働きについて、この光線の章で詳しく解説されています。この章を読むことによって、スピリチュアルな意味合いでの「電子」について、より深い理解に導かれることでしょう。

 

(参考書籍)
「新しいレムリア」「Telos Vol.3」「The Seven Sacred Flames」「Prayers to the Seven Sacred Flames」
by オレリア・ルイーズ・ジョーンズ
こちらから購入できます。


(サポートワーク)
「聖なる炎の瞑想会」
詳細はこちらです。


(サポートCD)
「The Seven Sacred Flames」(英語ガイド瞑想)
「The Seven Sacred Flames」(音楽)
「TELOS - Seven Sacred Flames Temple Journey Meditations」(英語ガイド瞑想)
こちらから購入できます。


【記事】
針生千秋 Telos JapanⓇ

七つの聖なる炎への祈り

オレリアさんを通じてアダマの個人チャネリングを受けたのは2007年5月でした。それから11年もたつのかと思うと、感慨深いというよりも、信じられないという気持ちになります。それはどうしてかというと、つい昨日のことのように、いえ、いつもその体験が私のそばにあるという感覚で生きているからです。その体験に包まれて、自分の人生が進んでいるという感じにも思えます。Telosの活動に従事しているときは、特にそうです。

 

そのセッションで、私はアダマに質問しました。「アセンションするために、今何をすればいいでしょうか?」 多くの人が持つであろう問いでした。アダマは、すぐさま、そしてシンプルにこう答えました。

 

「自分を愛すること。そして今のあなたにぴったりなのは《祈りのブックレット》Prayers to the Seven Sacred Flamesでワークすることです。」

 

その時期にちょうど出版された「七つの聖なる炎」へ向けた祈りの小冊子でした。そして、彼はこうも言いました。

 

「あなたは、そのブックレット(小冊子)を翻訳することができます。」

 

当時まだ、英語を理解することも苦手な私に、そう言いました。(その後、2009年から2012年にかけて、集中的に英語の個人レッスンを受けて、だいたいの読み書きは辞書があればできるようになりました。高校時代、英語は流していたので、私の英語力は中学生の段階で止まっていました。文法のおさらいは2017年に通信制大学で学びました。その間はほとんど何もしていません。その程度の語学力でしたが、映画を見ることが好きなのと、さまざまな国に旅行して、いろいろな人種の人々を観察してきたことが功を奏して、コミュニケーションは、悲惨な状況には陥らずに済んでいます。ただこの先、もう少し言語コミュニケーションは練習しないと、とは思っています。私は、Telosの本を買ってから、そしてオレリアさんと会うようになってから、英語を学び始めました。)

 

個人的な英語学習について書いてしまいましたが「自分には英語は無理!」というたくさんの人々にお会いしているので、参考になれば、と思って書きました。

 

さて2007年5月、出版されたばかりの「祈りのブックレット」を手にはしましたが、実際に自分の内側から、これでワークしたいという想いが湧き上がってきたのは、その年の9月でした。そうなると、素早く動いて、徹底的に行う、というのが私の傾向でしたので「この祈りを毎朝行おう」と決めて、実行しました。自然とこの辺で休むかやめるかしましょうか、となるところまでやろうと思っていたのですが、1年半、毎朝、どんなときも、その日の祈りを行いました。

 

祈りを始めて1年半後、少し休んでみようと思い、毎日行うことはやめて、やりたいときやスタディグループ、アセンション・セレモニーなどのイベントのときに行うことにしました。しかし、これはもうやめてしまおう、と思ったことはありませんでした。一旦離れて見ると、1年半の経験によって、「七つの聖なる炎」が自分の日常にしっかりと定着しているのを感じました。そして、いつでもそれらの炎とのワークに集中できることもわかりました。また、私はTelos JapanⓇの活動をすることによって、自分が受け取っている炎からの恩恵を、たくさんの人と分かち合うこともでき、高次のエネルギーの流れはとてもよい状態でした。これらの聖なる炎は、個人のためにも働いてくれますが、私たちが、宇宙や生命に貢献するためにこそ使われるもので、地球や人類、動物や植物、鉱物などの生命体などの進化を援助するときに、大きな力を与えてくれるものです。そして、私たちは聖なる炎とワークするとき、広い視野と無限の愛で、自分のワークの延長線上を見据えて取り組まなければなりません。

 

七つの聖なる炎は、それぞれの曜日に対応しています。それらの曜日になると、特定の炎がさらに強力に私たちを支援する体制ができているということです。これについては「新しいレムリア」(オレリア・ルイーズ・ジョーンズ著 片岡佳子訳 太陽出版刊)に詳しく解説されています。

 

一日、短い一文でも、ハートにとどめて生活する、仕事をする、人々と関わり合う、生きていくことによって、小さな変化でも、皆さんの生活の中に生まれれば嬉しく思います。小さな変化でも、それが私たちを雄大な愛の世界へと連れて行ってくれることになると信じています。

 

祈りのブックレット」には、一つの炎(光線)について、4〜10編の祈りが収められていて、一つの祈り全文は短いもので6行、長いものになると20行を超えます。

 

2008年にオレリアさん宅を訪れたとき、これらの祈りの生い立ちを教えていただきました。これらの祈りは、出版された時期(2007年)の直前に書かれたものではなく、それより3年前(2004年)にオレリアさんのハートから自然に生まれ、その後長い間、彼女の意識の中で最適なタイミングを待っていたものだったということです。彼女にとっては、まるで子どものように大切に育ててきた祈りなのです。

 

皆さんの人生に一輪の野草花を添えるように。

それが、皆さんとオレリアさんをつなぐために、このブックレットが持つ役割の一つであると感じます。

 

愛をこめて

 

針生千秋

Telos JapanⓇ

 

Telos JapanⓇでは、翻訳の協力者を得て、生前のオレリアさんの許可をいただき「非公式翻訳本」を添付する形で「Prayers to the Seven Sacred Flames(七つの聖なる炎への祈り)」を販売しています。(販売元:Telosレムリアン・シティⓇ

 

【聖なる炎】 第五光線 ヒーリング・レイ

第五光線として知られる「癒しの炎」は、エメラルド・グリーンの液状に近い光線として知られています。これは、液体が物質にまとわりつくようにして、その癒しの力を発揮するようにイメージできるからではないでしょうか。この光線で私たちのオーラや肉体を包み込むイメージを持つときに、それが液状であることをとても心地よく感じるかもしれません。

 

ヒーリング・レイは、肉体的なダメージも、感情的・精神的なダメージも同じようにケアしてくれます。私自身、けがをしたときに、まずこの癒しの炎の助けを借りて、エーテル体をケアしました。自分は肉体にいるわけですが、そこからこの光線を呼び出して、肉体の周り、またけがをした部位を覆ってくれるように依頼しました。それから、この光線が発せられる「翡翠の大神殿」へと私を運んでくれるように頼み、エーテルレベルで神殿へ行きました。

 

眠っていたので、目が覚めると、驚くほど患部の痛みが消えていたことに驚きました。個人的には、このときに一番強くこの光線のパワーを実感することになりました。もちろん、感情的な痛みがあるときにも、またスピリチュアルな分野でも、癒しが必要だと感じた部分にも、この光線を呼び出してケアをしましたが、このとき(けがをしたとき)を境に、肉体的にダメージを受けたときには、静かに横になって、この光線の力を呼び出すことにしています。それからフィジカルな面でのケアをします。ダメージの種類や程度にもよりますが、日々、できるだけダメージを受けないように肉体や、その他の体を扱っているので、現在のところ、これが自分のパーソナルなケアの仕方の定番になっています。(肉体の状態に関するここまでの記述は、個人的な感想です)

 

また第五光線は、豊かさをサポートする光線としても知られています。

祈りのブックレット Prayers to the Seven Sacred Flames」by オレリア・ルイーズ・ジョーンズ(日本語訳あり)には、この第五光線への祈りがいくつか収められていますが、その後半には、豊かさを手に入れるために活用できる祈りが収められています。ここでは、豊かさへの扉を私たち自身が開くことや、豊かであることは、私たちが生まれながらに持っている権利であること、そしてそれを受けれていくことなどに導かれていきます。

 

第五光線の働きは幅広く、私たちをさまざまな分野、レベルへの豊かさ、完全なる癒しへと導いてくれます。五次元に存在する癒しの大神殿、その翡翠の間と、テロスに存在する翡翠の大神殿、そして、地上にリンクしている癒しの神殿(その一つがマウント・シャスタの裾野にあります)など、また私たちそれぞれが所属する魂のグループが大切にしている、独自の癒しの神殿も五次元以上の世界、また四次元にも存在しているでしょう。

 

私たちが、完全なる存在となるその時まで、永遠の癒しと豊かさを求め、そう、求めることが許されている、あらゆる分野で、私たちはこれら神殿の癒しの炎と、豊かさへの道を照らす光を、存分に使うことができます。

 

第五光線のチョハン、マスター・ヒラリオンと、第五光線の炎の守護者たちであるアセンデッド・マスターや大天使たちと、私たちは日常のどんなときも、たとえ睡眠中であっても、共に愛を分かち合い、癒しの恩恵を受け、一つの存在として、この美しい緑の地球で暮らしていけるのです。

 

(参考書籍)
レムリアの真実」「Telos Vol.1」「The Seven Sacred Flames」「Prayers to the Seven Sacred Flames
by オレリア・ルイーズ・ジョーンズ

Telosレムリアン・シティⓇウェブショップ
 

(サポートワーク)
聖なる炎の瞑想会」by Telos JapanⓇ
 

(サポートCD)
The Seven Sacred Flames」(英語ガイド瞑想)
The Seven Sacred Flames」(音楽)
TELOS - Seven Sacred Flames Temple Journey Meditations」(英語ガイド瞑想)
Telosレムリアン・シティⓇウェブショップ

 

【記事】
針生千秋 Telos JapanⓇ

The Seven Sacred Flames グループレッスン

2017年3月より、The Seven Sacred Flames(七つの聖なる炎)の教えのより深い理解のためのグループレッスンをスタートします。毎月の日程とお申込については、こちらをご覧ください。

 

The Seven Sacred Flamesは、さまざまな面で、私たちのアセンションの準備、スピリチュアルな進化、癒しの完了、浄化、肉体的健康、精神的健康、感情的健康、生活の質の向上、人間関係の質の向上、霊的使命や人生の目的の達成 etc. あらゆる側面に大きな恩恵を与え、また私たちを勇気づけ、前進を助けてくれる「光」です。

 

オレリア・ルイーズ・ジョーンズさんによって、Telosブックシリーズの3冊と「The Seven Sacred Flames」とそれに伴う2冊の小冊子の合計6冊が、私たちにもたらされました。私たちは、これらを学び、日常で使うことによって、そして常に「七つの聖なる炎」と生きることによって、あらゆる分野での大いなる飛躍が可能になります。

 

Telosのアダマとアセンデッド・マスター、聖なる七つの炎のチョハン(コハン)たちとアセンデッド・マスターたち、そして聖なる炎の天使たちから、永遠の愛と無限の援助を受け取ることによって、私たちもまた、それを与える存在へと進化して行くことが簡単になります。

 

アダマと彼のチームから、このグループレッスンの開催について、要請がありました。彼らは、自分たちのアセンションのプロセスが落ち着いた今、私たちへの支援を、今まで以上に拡大して進めることができると伝えてきています。

 

私たちは、アセンションを目指す者から、アセンションする存在へと大きく変容している真っ最中です。どのようなことが私たちの前に現れようとも、またどのようなことが求められようとも、私たちのアセンションへの熱意は冷めることはないでしょう。アダマはそれを見て、これから彼らが面会する人類グループのリーダーたちを育成するために、人類のリーダーの親となる世代、またそれらの親をサポートする長老的な存在としての人類グループの人々に、今こうして手をさしのべたいと願っています。

 

グループレッスンは、1ヶ月間で、一つの「聖なる炎」とワークします。1ヶ月間に3回のグループレッスンが行われます。アダマと彼のチームのカウンセラーたちは、その1ヶ月間、このレッスンをする人々を24時間体制で支援します。ですから、グループレッスンだけではなく、日常のあらゆる瞬間、睡眠中であっても、受講生の生活の隅々までが、このレッスンの炎(光)に包まれます。そうして、学びを進めていくのが、この「The Seven Sacred Flames グループレッスン」です。

 

具体的な内容は、下記になります。あなたのハートがYES!と言ったら、ぜひTelos JapanⓇにコンタクトしてください。

 

グループレッスン期間: 一つの「聖なる炎」について、1ヶ月間

Skypeによるレッスン: 1ヶ月間に 3回 各回2時間(予定)ずつ(受講希望者全員で日程を調整します)

            Skypeレッスンに参加できなくても、レッスンの質は落ちません。

受講料/参加費: 30,000円(内税) 3回分のSkypeレッスンが含まれます。

教材: 「レムリア・シリーズ」または「Telosシリーズ」

    The Seven Sacred Flames、祈りのブックレット、アセンション・ブックレット

    教材の購入はこちらから。http://telos-lemurian-city.com/?mode=cate&cbid=1686784&csid=1

 

3月は「霊的管理機構(スピリチュアル・ハイエラキー)」と「七つの聖なる炎の概要」についてです。

3月に3回のSkypeレッスンを予定しています。受講/参加希望は、初回開催日の前日まで受け付けています。

 

4月の日程は、3月5日に確定する予定です。ご自身の日程に合わせてSkypeレッスン日程を決めたい方は、3月4日までにお申し込み(ご連絡)ください。それ以降は、席に余裕がありましたら、受講/参加を受け入れますが、Skypeレッスンの日程に合わせていただくようになります。(24席を予定していますが、Skype接続に負荷がかかる場合は、席数を減らすかもしれません)

 

お申込手順: 開催日の初回の前月末までに、Telos JapanⓇへメールでお申込みいただくか

       Telos レムリアン・シティⓇウェブショップからお申し込みください。

       希望者全員で、3回分のSkypeレッスンの日程を決めます。

       開催日の初日の前日までに、受講料/参加費のお支払いを完了してください。

 

Telosレムリアン・シティⓇウェブショップからお申込みいただけます。

(クレジット決済/コンビニ決済 可能)

 

キャンセルによる返金はありません。

 

《お問合せ》

Telos JapanⓇ

office at telos-japan dot org(atとdotを記号に変えて送信してください)

Tel & Fax 0973-28-5177

七つの聖なる炎 神殿への瞑想 《レムリアン・コネクションThe Lemurian Connectionから》

The Lemurian Connection レムリアン・コネクション からのクリスマスギフトです。

 

The Seven Sacred Flames 七つの聖なる炎の神殿への瞑想が、YouTubeにアップされました。

 

https://www.youtube.com/channel/UCbVFasopWgzkmX-sxWyOGAg/videos

(英語)

 

美しい映像、心地よい音楽と誘導瞑想が、あなたの瞑想タイムにより輝きを加えてくれることでしょう。

 

神殿瞑想のCDは、こちらです。

http://telos-lemurian-city.com/?pid=90154540

 

The Seven Sacred FlamesのCDは、こちらです。

「誘導瞑想(英語)入り」と「音楽のみ」があります。

http://telos-lemurian-city.com/?mode=cate&cbid=1686785&csid=1

 

The Seven Sacred Flamesの本(英語)は、こちらです。

http://telos-lemurian-city.com/?pid=69925765

 

日本語訳本(非公式)付きの関連本は、こちらです。

http://telos-lemurian-city.com/?mode=cate&cbid=1686784&csid=1

「アセンション・ブックレット」と「祈りのブックレット」があります。

 

 

The Lemurian Connection(英語)

http://www.lemurianconnection.com/

【聖なる炎】 第二光線 イルミネーション・フレーム

第二光線は、愛と叡智、光明と明晰性の光線です。また、神聖なる知性の光線でもあります。

この光線が適切に使われると、私たちの霊的進化もまた、順調に進みます。多くの人々の間にある、霊的な進化の道を阻害する要因の一つである「霊的な居眠り」――それを、第一光線のアセンデッド・マスターであるTelosのアダマや、第一光線のチョハン、マスター・エル・モリヤは「霊的に眠っている状態」だと示し、私たちに対して、特に強く「目覚め」を促しています。

第二光線は、クラウンチャクラに関連しますが、多くの叡智が自由に扱える世界にいる私たちでありながら、「率先して眠りこけていて」その貴重な叡智に触れようともしない、という性質が、アセンデッド・マスターの立場から見て取れるようです。もちろん彼らはそれに対して、どのような否定的な意見も持っていませんが、もし私たちが、より高みを目指すのであれば、それらの性質を変えることが求められる、と説いています。

また、この第二光線「光明の炎」の誤用によって、決して少なくはない人々が、長い足踏み状態にいることも、また彼らアセンデッド・マスターの世界からは見えているようです。

では、どのようにして、この光線に対して、「正しい立ち位置」で、私たちが向き合えるかですが、それには大きな、しかしとてもシンプルなコツがあるようです。

そしてその前に、私たちが知っておかなければならないことは、あまり派手な働きではないために、または「人間の歪んだマインド」によって、脇に押しやられそうになっているこの光線が、実は、霊的進化の道を歩む際に、大きな助けとなっており、私たちの道を明るく照らしてくれていることに、最初に気づいておかなければなりません。また、一見当たり前に思えること、見えることでも、この光線の照射を受けることによって、今まで見えなかった面が浮き上がってくることもあります。

このように、私たちを大いに助けてくれる「聖なる叡智の光線」と上手に関わっていくためには、また最大活用して行くためには、私たちの心構え以外に必要なことはないようです。

私たちが、この神の叡智の光線に対して、その導きを受けることを真摯に求め、また日常の些細なことから、自分自身に対する見逃してしまいそうな小さなことまで、あらゆるものをこの光線で照らし、今まで見えなかった面を引き出してみることでしょう。そして、そこに何が現れても恐れることなく――それは私たち自身に関連することですから、何も恐れる必要などないのですから――心を柔らかくして、落ち着いて、ゆったりとそれに向き合っていくだけのことです。

私たちが、この光線に対する敬意と愛を向けることを、この光線自体も望んでいます。私たちが少しでも困ったとき、迷ったときには、遠慮なく、この光線のその光、明るさ、明晰さで照らしてもらい、新たな指針、新たな第一歩へとつないでいきましょう。


(参考書籍)
「新しいレムリア」「Telos Vol.3」「The Seven Sacred Flames」「Prayers to the Seven Sacred Flames」
by オレリア・ルイーズ・ジョーンズ
こちらから購入できます。http://telos-lemurian-city.com/?mode=cate&cbid=1686784&csid=1

(サポートワーク)
「聖なる炎の神殿ワーク」by Telos JapanⓇ
詳細はこちらです。http://announce2012.jugem.jp/?eid=236

(サポートCD)
「The Seven Sacred Flames」(英語ガイド瞑想)
「The Seven Sacred Flames」(音楽)
「TELOS - Seven Sacred Flames Temple Journey Meditations」(英語ガイド瞑想)
こちらから購入できます。http://telos-lemurian-city.com/?mode=cate&cbid=1686785&csid=1

【記事】
針生千秋 Telos JapanⓇ

【聖なる炎】 第一光線 神聖なる意志の光線

第一光線は、ブルーの炎です。
神の炎であるこの光線は、アダマやマスター・エル・モリヤ、大天使ミカエルが、第一光線のアセンデッド・マスターや天使たちと共に、この地球のために保持している聖なる光です。

第一光線のリトリートやTelosの神殿にて、アセンションした存在たちにより守られているこの炎が、地上でより力を増すように、私たちの力を結集し、アセンデッド・マスターや天使たちと共に「神の炎」を地球に広げていきましょう。

第一光線は、聖なるリーダーシップ、神性へのサレンダー(委ね)、霊的進化とアセンションへの道のりへの誓約を助け、私たちが霊的存在であることを実感させてくれる、また霊的自信を支えてくれることも行っています。

今ある地上のすべての文明、国家、政府が、この光線によって目覚めていれば、どれほどの霊的幸福を、私たちは享受できるでしょうか。Telosやその他の啓かれたすべての文明が、この光線によって、またこの光線を支えることによって、多くの恵みを受けています。今私たち、地上の人類も、その世界への招待を受けています。

私たちは、率先的に、この光線と、またこの光線と共に働く多くのアセンデッド・マスターや天使たちと共に歩むことによって、地上に彼らと同じ世界、霊的に進化した文明、世界、社会を築くことができます。

日々の生活の中で、毎日の瞑想の中で、そして、穏やかな時間や、家族友人と語らう時間の中で、私たちはこのブルーの光線の持つ「誠実さ」を分かち合い、自身の真の姿、その霊性のレベルに生活のすべてを捧げることによって、この光線の持つパワーを自ら発揮し、自分自身のみならず、まわりの人々や社会、世界へと広げていくことができます。それを、スピリチュアルな世界の誰もが待っています。私たちが手を挙げるのを、アセンデッド・マスターたちは待っているのです。

日々の生活の中で、第一光線の叡智を実践しましょう。


(参考書籍)
「レムリアの叡智」「Telos Vol.2」「The Seven Sacred Flames」「Prayers to the Seven Sacred Flames」
by オレリア・ルイーズ・ジョーンズ
こちらから購入できます。http://telos-lemurian-city.com/?mode=cate&cbid=1686784&csid=1

(サポートワーク)
「聖なる炎の神殿ワーク」by Telos JapanⓇ
詳細はこちらです。http://announce2012.jugem.jp/?eid=236

(サポートCD)
「The Seven Sacred Flames」(英語ガイド瞑想)
「The Seven Sacred Flames」(音楽)
「TELOS - Seven Sacred Flames Temple Journey Meditations」(英語ガイド瞑想)
こちらから購入できます。http://telos-lemurian-city.com/?mode=cate&cbid=1686785&csid=1

【記事】
針生千秋 Telos JapanⓇ

1
pagetop